2010年10月19日

レストラン「徳中」のバイキング

さっそく行ってきました。
徳山中央病院のスカイレストラン、「徳中」。

この名前、困る。なぜかと言うと、
病院の人も街の人も、病院のことを略称で「徳中」と呼んで通してるから、

「どこいくの?」
「徳中の徳中に行くの」という、ややこしい話になるのです。

まあそんなことはどうでもいいですね(^_^;)

土曜日だけは、午後2時入店まで500円でバイキングになります。
3時から夜の7時半までは通常メニュー。
先日夜は「開いてない」といいかげんなこと書いてましたが、開いてるみたい!

ということは、徳山港のきれいな夜景が見えるはず!

バイキングは、ごぼうのサラダやじゃがいも、さつまいもを使った野菜料理、
魚のあんかけ、中華風ミートボール、玉子料理、などのメイン料理、
みそ汁、炊きこみごはん、白ごはんとカレーが食べ放題。

盛り付けがキレイじゃないのですが。。。

DSC02202.JPG


全体的に味つけは濃くなくて、素材の味を生かしてて食べやすかったです。
地産地消で地元の野菜を使っているそうです。
おいしかったのは魚のあんかけ。
カレーは最初「甘いよね、やっぱり」と思ってたら、
後からじんわり辛さがきておいしかった。

「病院の食事はおいしくない」というイメージを持ってる人が多いと思うけど、
病院食とは違う、普通の料理でしたよ♪

DSC02204.JPG



posted by モモ at 19:20 | 山口 | Comment(3) | TrackBack(0) | お気に入り<くらし・食べもの> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

徳山中央病院の新棟 内覧会へ

周南が誇るマンモス病院といえば、
「徳中」こと徳山中央病院。
1日に数千人が訪れるらしい。
私もすでに何度もお世話になりました。

ずっと建設中だった地上11階建ての巨大な新館が完成したということで
11日の内覧会にNobさんと行ってきました。
たくさんの人が見学に来てました。

しかし、なんとまあゴージャスな病院だこと。

屋上にドクターヘリ用のエアポートがあり、
11階は、徳山湾が一望できるスカイレストラン。
緩和ケア病棟や周産期医療センター、
手術室、ICU、救急室、などがフロアによって分かれており、
地下には、PET-CTなど最先端の検査ができる設備もありました。

屋上は目がくらむほど、高い。。。

DSC02178.JPG

DSC02180.JPG


スカイレストランは、カレーライス330円、牛丼400円、
かやくうどん(そば)180円、野菜の酢の物40円、あじフライ150円、
ハンバーク210円などなど。
あ、モーニングセット350円も。これは行ってみたい。
そして、確か土曜は500円でバイキングがあるとか。
これも一度はいかなきゃね。
ドリンクバーは、単品200円、食事とセットで100円です。
ガストより安いですね。

夜も開いてたら、きっと徳山湾の工場夜景がきれいに見えると思いますが、
たぶん夜は開いてません。残念。

最新の新しい設備、スカイレストラン、ドクターヘリ。
至れりつくせりの「新・徳中」を見て、
改めて
「病院て、地域に密着したサービス業なのね」
と改めて思いました。











posted by モモ at 22:51 | 山口 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り<くらし・食べもの> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

川嶋あいちゃんのミニライブ

周南歴3年目にして、徳山の花火大会に初めて行ってみることにしました。
その前に、会場で川嶋あいちゃんのミニライブが行われるというので、
せっかくだからそちらも行ってみることに。
Nobさんが、今回もイロイロとがんばってくれました。

川嶋あいちゃんは、今まで正直あまりなじみのないアーティストだったけど、
実際歌声を聞いてみると、声が透き通っていて、表現力があって、
すごく上手でした。歌手なんだから当たり前だけど。。

特に、今度12月に発売される新曲「I Remember」は、
しっとりとしたスローバラードで、シンプルな歌詞で情感がこもっててよかったですよ。
なんでも有名なアメリカのジャズミュージシャンがプロデュースしてるのだとか。

やっぱり生歌、生演奏はいいですね。年をとるごとにそう思う。

DSC02158.JPG

(遠くて小さいので誰なのかがわかりませんが。あいちゃんです。)

彼女のウィキペディアを読んで驚いたのは、
自分が乳児院、養護施設で育ち、その後養女になったことを公表していること。
そして、アフリカに養護施設や学校を作ったりと、社会貢献的な活動も積極的にしていること。

こんな行動に対し本人は
「売名だと思われてもいい」
「偽善だと思われてもいい」
「何と思われようが、そこでひとりでもはげみに思ってくれる人がいればいい。」
といった趣旨のことを述べているそうです。

若いのに、潔くてかっこいいですよね。

さてライブの後の花火も、がんばっててすごくきれいでした。

DSC02162.JPG

(花火ってブレブレになっちゃいますね(^_^;)


まだ秋だけど、
ついNSPの「冬の花火は、思い出花火」を思い出しちゃう、大人なアタシって。。。



posted by モモ at 23:07 | 山口 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 (食べものメイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






スポンサードリンク